*

2017年1月

クレジットカード現金化を業者に依頼するメリットなどについて

ショッピング枠で商品を購入して現金を得るクレジットカード現金化は、業者に依頼するとカード利用停止になるリスクが低くなります。

キャッシュバック方式であれば購入した商品が手元に残るので、多くのカード会社が禁止している転売目的のショッピング枠の利用を心配しなくて良いです。

業者への依頼はインターネットで申し込むことが一般的で、業者によっては24時間いつでも申し込めます。

また、24時間営業の業者の中には、利用者がインタ―ネットバンキングを持っていれば夜間や土日祝日でも振り込めるところがあります。

そして、インターネットで全ての手続きができて実店舗へ行く必要がないので、インターネットが完備されている環境であれば都会でも地方でも利用することができます。

また、消費者金融などの借入とは違って、収入や勤務先や家族構成などを証明する必要はありません。本人名義のカードと身分証明書があれば、利用することができます。

消費者金融などの借入と比べて手間がかからない分、現金を得るまでの時間も短いです。

最初から公表していた換金率で、初めて利用する場合でも申し込みから30分程度で現金が振り込まれる業者も存在します。

また、中には入金までに時間をかけると換金率が上がるプランもあります。

すぐに現金が必要かどうかや、時間がかかっても高い換金率で現金を受け取りたいかどうかなどを考慮して業者を選ぶと良いです。

ただし、中には悪徳業者も存在するので業者のホームページで設立年月日を調べて、長期間の経営実績があるかなどを確かめることが大切です。

右記サイトも参考にしてみてください:ネオギフト 評判


実はNG!風邪の時にしてはいけないこと

急に朝晩は寒くなったかと思えば、日中は暑くなったり、寒暖差が出てくると風邪をひきやすくなってしまいますよね。風邪をひくとその人なりの対処法がいくつかあると思います。しかし、一般的に風邪の時にしていたことが、実は風邪時にNGの意外なことをご紹介します。

 

【果物もNG!?】

果物は食物繊維が豊富に含まれており、消化に負担がかかり、胃腸の調子が悪くなってしまうことがあります。また、酸味が強いものは吐き気を誘発することがあるので、風邪だからと言って無理して果物を食べるのは避けたほうがベターです。

 

【アイスクリームもNG!?】

アイスクリームは、口から食道、胃、小腸と体の中心を通るため、簡単に体を冷やすことができます。熱と戦っている体自体は楽になりますが、無理に体温を下げてしまうことになってしまうので、熱が上がり調子の時には避けましょう。

 

【処方された薬は期間が重要!】

風邪をひき病院へ行くと、ほとんどの場合は薬を処方してもらいますよね。大体1週間程度の分を処方してもらうことが多いと思いますが、1週間もたたないうちに風邪の症状が軽くなり、途中で飲むのをやめてしまう方もいると思います。しかし、症状が治まったら服用をやめるように言われていない場合は、体調が回復しても処方された分の薬は飲み切らなければなりません。

抗菌剤や抗ウィルス剤がそうで、何日間投与するという計画のもと、処方されているので症状が緩和しても必ず飲み切りましょう。

 

【薬は水以外で飲んではけない】

お茶やジュース、牛乳などで薬を飲んだりすると、脈が急に速くなったり、頭痛の原因になります。お茶にはタンニンが含まれているので、薬の成分と化学反応を起こしやすく、薬の作用が過剰になったり抑制されてしまったりします。

おすすめ記事:薄毛が気になる?髪の毛の健康対策