*

注目

実はNG!風邪の時にしてはいけないこと

急に朝晩は寒くなったかと思えば、日中は暑くなったり、寒暖差が出てくると風邪をひきやすくなってしまいますよね。風邪をひくとその人なりの対処法がいくつかあると思います。しかし、一般的に風邪の時にしていたことが、実は風邪時にNGの意外なことをご紹介します。

 

【果物もNG!?】

果物は食物繊維が豊富に含まれており、消化に負担がかかり、胃腸の調子が悪くなってしまうことがあります。また、酸味が強いものは吐き気を誘発することがあるので、風邪だからと言って無理して果物を食べるのは避けたほうがベターです。

 

【アイスクリームもNG!?】

アイスクリームは、口から食道、胃、小腸と体の中心を通るため、簡単に体を冷やすことができます。熱と戦っている体自体は楽になりますが、無理に体温を下げてしまうことになってしまうので、熱が上がり調子の時には避けましょう。

 

【処方された薬は期間が重要!】

風邪をひき病院へ行くと、ほとんどの場合は薬を処方してもらいますよね。大体1週間程度の分を処方してもらうことが多いと思いますが、1週間もたたないうちに風邪の症状が軽くなり、途中で飲むのをやめてしまう方もいると思います。しかし、症状が治まったら服用をやめるように言われていない場合は、体調が回復しても処方された分の薬は飲み切らなければなりません。

抗菌剤や抗ウィルス剤がそうで、何日間投与するという計画のもと、処方されているので症状が緩和しても必ず飲み切りましょう。

 

【薬は水以外で飲んではけない】

お茶やジュース、牛乳などで薬を飲んだりすると、脈が急に速くなったり、頭痛の原因になります。お茶にはタンニンが含まれているので、薬の成分と化学反応を起こしやすく、薬の作用が過剰になったり抑制されてしまったりします。

おすすめ記事:薄毛が気になる?髪の毛の健康対策

 

 

 

 


和婚フラッシュモブにチャレンジ

フラッシュモブジャパンの

和婚フラッシュモブと言うのがあるのを知って、

自分もチャレンジしてみたいと思ってしまいました。

 

こういう形でフラッシュモブが

活用できるとは考えていなかったので、

丁度良いかなと思いました。

 

どうせだったら、

他にどういうアイデアがあるのかとか

知ってみたくなりました。

 

せっかくのサプライズですから、

思い切った事にチャレンジしてみたいとも考えています。

いろいろと考えるといろいろとアイデアが浮かびそうです。